お 知 ら せ
<新人紹介>































































<2017年
   年内行事>









<審査>


























<糸東会の
   公認段位>


























<全空連の
   公認段位>


<都空連新宿区
  大会>







<ゼッケン>



<合宿>



<団体保険>





<道場内での
 ケガに関して>

<道場内&試合
中のケガ>


<対外交流>


<納会>


<山吹道場の
 空手とは>














<館長の方針
(考え方)>








<及川千晴(おいかわちはる)>
 ピカピカの社会人1年生。神奈川生まれの神奈川育ちで大学も神奈川。
卒後就職した会社が豊洲。住居は文京区。その地縁で山吹道場へ。
 空手を始めたのは中学2年の後半、黒帯の友達が学校に空手部を
をつくろうよとの誘いにのり奔走し無事部活を開始。高2まで継続。
一浪後、大学入学を果たしたが、家から遠い大学の部活は夜遅くなると
親が賛成せず。そこで近くの糸東流系の道場に大学2年まで通う。
その後ゆえあってブランク。でまた一念発起して山吹道場の門を叩く。

 素直で平和な人生を送ってきた。一番悲しかったことは、高校の
卒業式での友達との別離、楽し過ぎた生活との別れ。一番嬉しかった
ことは大学生になれたこと。

 好きな食べ物はゆばで舌触りが好き、微妙に甘く飽きない。チーズも
好きだが、食べ続けると飽きるのでやっぱりゆばがいい。
 嫌いのなモノは青臭い感じがするキウリ、似た感じの西瓜も好きでは
ない。アルコールは何でもござれ。酒豪(ゆばばみ?)

 失敗談はたくさんある。超方向音痴で案内の徒歩10分は、20〜30分に
なってしまう。技能試験に遅れそうになったのも何度か。圧巻は飲み会後、
家に向かったつもりが、気が付けばなぜか羽田空港の階段を上っていた。
取返しのつかない時間帯ではなかったので大事に至らなかったが・・

 両親と兄に囲まれ何一つ不満不自由なく育ってきたが、この競争社会。
これからどこに陥穽が待ち構えているのかわからない。負けず、心と体を
鍛える空手を継続できることを念願していると本人は・・語る?


<中山由紀乃(なかやまゆきの)>
 高1の青春、真っ盛りの一人娘。由紀乃の由来は自由に21世紀をと。
それを望んだおばあちゃんの一文字をつけて由紀乃。新宿生まれの
狛江育ち。また新宿に戻ってきた。お母さんも新宿生まれ。

 空手を始めたきっかけは、3歳の時に映画「チャーリエンジェル」を
観る。帰りに「あーいうふうになるには 何を習ったらなれるかなあ 」と
母に。母は住んでいた狛江の近くの空手と柔道を見学させてくれたので、
なぜかしら空手を選ぶ。道場に聞いて、4歳になったら 来なさい という
ことで 習い始める。途中新宿に移転するが、中学の部活・バレーボールを
終えたあと、その狛江の沖縄空手道場へ。通うのが一苦労。近くにその系の
道場はなく親と相談の結果、12歳で辞めることに。高1(14歳)になって
再度空手の虫が。流派違いだが、また一からと覚悟して母がネットで
見つけてくれた当道場へ。

 スポーツが好きで、部活のバレー以外にテニス、クリケット、
新体操、ビーチバレー、それに文系の書道、そろばん、競技カルタ部まで。
空手とバレー以外はかじった程度といえるかもしれないが、なんでも
すすんでチャレンジする。

 一番嬉しかったことは、頼まれて新宿区陸上大会800Mに出て五位に
入賞したこと。一番悲しかったことは、数学がずっこけて第一志望の高校に
落ちたこと。

 チョコミントアイスが中毒になるくらい好きで、肉・梅干しも。
セロリと魚は見るのもダメ。

 前の道場で段持ちだが、山吹道場では茶帯からスタート。動きと
熱心さとこの若さ。改めて糸東流の基本・形(型)に慣れれば公認段位も
目の前。素直でToo Youngな息吹きが、道場をフレッシュな雰囲気に
変えてくれそうだ。乞う期待!
 (高校生 血液型知らず)

 
 

 
<大会・審査・合宿>
・5月21日(日)  都空連春季新宿大会 (コズミックスポーツセンター)
・6月03日(土) 道場審査 
・7月15〜16日  合宿(日本武道館研修場) 
・10月15日  都空連秋季新宿大会 (コズミックスポーツセンター)
・11月もしくは12月初の土曜日 道場審査 
・11月26日  全空連シニアー大会 (コズミックスポーツセンター)
・12月10日  全日本空手大会(天皇杯皇后杯)(日本武道館)
・12月初の土曜日 納会


【審査の形及び分解】
 ・平安二段   初心者 8級 7級対象
 ・平安初段   6級 5級
 ・平安四段   5級 4級
 ・バッサイダイ 3級以上
 ・糸東流指定形 申し出があれば考慮。

原則として昇級は出席日数が白帯:月に3.2回、茶帯:4回以上、
昇段は月5回以上の練習生が対象ですが、合宿参加者は合宿後の
半年間(6月〜11月)にわたり月1回を加算します。
また館長判断(査定)にて月1回の加算もしくは小数点以下の切り上げが
特別考課として加算される救済措置あり。慣例として大会に参加して
好成績をおさめた者には特進が考慮されます。
稽古開始30分以上の遅刻は0.5回にカウントされます。
尚、段取得は合宿および大会(形もしくは組手)の参加経験が必須に
なります。
春期審査は5月末もしくは6月の土曜日、秋期は11月もしくは
12月初の土曜日に予定。
ー審査料ー 
 ・昇級  5,000円
 ・昇段 10,000円
 (昇段合格の場合、別途糸東会の登録料が必要です)
ー糸東会登録料ー
 ・初段  7,000円
 ・二段  9,000円
 ・三段 12,000円

山吹道場として発給の段位とは別に、糸東会の公認段位があります。
受審資格として糸東会の会員登録が必要であり、また会費納入が義務
づけられています。
 年会費(都糸東会費1,000円含む)として
  級      5,000円
 初段      6,000円
 二段      7,000円
 三段      8,000円 
 (糸東会都会費1,000円を含む)になります。
 これは個人資格なので、道場を離れても全国糸東会加盟道場で有効です。

<注(1)>以前は段位取得後に年会費を払うという芸当が出来ましたが、
   近年はきびしくなり、年会費払いは段取得の前提条件になりました。
   当道場も糸東流を名乗る限り糸東会本部の規定を遵守せざるを得ません。
   練習生の負担を鑑みて当道場としては白帯時は猶予期間とし、茶帯取得
   年度に糸東会会員登録をします。会費納入は例年3月に藤谷師範に
   直接お渡しください。
   (くわしくは館長、藤谷師範にお尋ねください)

<注(2)>藤谷師範が糸東会の千葉県糸東会副会長をやっている関係で
   あまり不都合なことは出来ませんのでご協力お願いします。
また館長も
   立場上やむなく糸東会東京都理事、全空連新宿区理事になって
   おります。

<注(3)>1級から糸東会・全空連に登録
   2015年に1級からの登録制度が出来、1級の資格が初段取得の
   必須条件になりました。道場生の個々の事情を鑑みながら対応します。

糸東会段位取得後、希望者は全空連の公認段位を移行取得ができます
(二段まで)。登録料は13,000円になります。


・・・毎年開催される5月と10月の大会に参加できます。3月に年会費を
  振り込みます。茶帯以上の道場生は原則として登録しますが、参加
  希望の白帯も登録可。ちなみに年会費は@2,000円。大会参加は別途
  参加費が必要です。審判派遣と事務手伝いなどの協力が必要と
  なります。
  2016年度は都空連22名、全空連(5名)(道場代表者を含む)が登録。
 <注>都空連の年会費がオリンピック協賛のために、2017年度から
  2020年までの3年間に限って@2,000円になりました。

  大会参加には山吹のゼッケンを使用してください。初回1枚目は
  道場から支給。2枚目以降は本人が準備ください。道衣を新調する
  際は「山吹」の名を左胸に刺繍願います。

   2017年7月15日(土)〜16日(日)。前年と同じく一泊二日とします。
   合宿所は日本武道館研修場になります。 
   参加希望者が10名以上の場合は実施(2017年度は18名の参加)。

保険の有効期間は毎年4月1日から翌年の3月31日までの一年間になります。
スポーツ安全協会の運営上の規則で開始日と期間は変更できないことになって
いますので途中から入会した人の保険料の\1,850は変わらず期間は3月31日
までになります。途中から入会した人は期間損になりますがスポーツ安全協会
の規則なのでご了承ください。

打ち身・打撲・裂傷など、一時的な「救急箱」を用意しているので利用ください。
(担当:朝村)

スポーツ保険が適用されます。くわしくはネットでご覧ください。また職として
保険業務に携わっている藤谷師範が精通しているので、ご相談ください。
(担当:藤谷)

部外との交流は節度と良識をもって願います。山吹道場名を使う時は
館長の承認を得てください。

12月のいずれかの土曜日に稽古を早めに切り上げるか、休みにして
開催します。

 <伝統空手>
 稽古は基本、形(かた)が中心で、その成果として
 応用(組手)もやりますが、組手偏重はしません。
 稽古を続けると結果的に強くなるのは当然ですが、
 伝統空手(近代空手道の祖、師船越義珍)に基づいており
 フルコン道場ではありませんので、ただ喧嘩に強くなる
 格闘技志向の人には向かないといえます。
<日常生活との調和>
 稽古を続けることによって生活に一定のリズムをつけ、ストレス解消、
 健康志向化、日々に潤いをもたらします。
<一生続けることの出来る空手>
 稽古は精神力の強化、逞しさ、健康な体躯の維持、心の豊かさなど、
 道場が「生涯スポーツ」としての究極の『憩いの場』になることを
 目指しております。

 『来る者は拒まず、去る者は追わず、求めている者にはしっかり応え、
  迷っているときは背中を押してあげる』


 −礼儀・礼節を欠く者、
      館長・師範が信頼できない者は黙って去ってくださいー
 
 『山吹道場は一種の小さなコミュニティ。みんなの力で究極のサンクチュアリに
  なれば幸い』

改定日:平成29年吉日 山吹道場・館長


山吹道場心得
<着替え>


<欠席の場合>




<会 費>

<休 会>








<再入会>

<合 宿>



<昇級・昇段>



<挨拶の励行>


<清掃・美化>

<道場生として>
男性は道場内、女性は治療室で。練習開始後の男性は待合
スペースで願います。遅れての準備運動も待合スペースにて。

入会後半年から1年は、
出来れば前日まではメール(yamabuki@e-honpo.com)にて。
当日は携帯メール(yamabukidoujo@docomo.ne.jp)で、
携帯電話(090-2162-4025)は急ぐ時に願います。

毎月末(27日前後)に次月分前払いなります。

休会は3ヶ月以上が対象となり、その間は月1,000円の会費となります。
文書(もしくはメール)で提出願います。
<注>休会・退会をされる方はその月の10日迄にご連絡くだされば、
月末の引き落とし(翌月分)を停止・変更できます。
10日を過ぎますと通常通り次月分の引き落としが行われ、返却に
時間がかかります。
尚、休会が12ヶ月以上になると自動的に退会になり、その後の再開は
再入会になります。
 
一度退会後の再入会は、新規手続きとなります。

合宿の絶大な効果は経験者の認めるところです。できるだけ参加
ください。毎年7月第3週近辺の、祝日(海の日)の前日と前々日の
土日を予定。

在籍年数ではなく、出席率・練習量・技量・理解度・空手に対する
姿勢を見ます。原則として昇級審査は年2回(5月と11月)、
昇段審査は年1回を予定(原則として11月)。

武道は「挨拶に始まり、挨拶に終わります」
練習中は常に声を出してください(気合・かけ声)

練習後の清掃・整理・整頓をしっかり願います。

個人で対外試合や練習、催しに参加は自由ですが
山吹道場名を使う場合は館長の承認を得てください
平成27年1月改定
山吹道場・館長 

稽古の内容
〇基本稽古
受け、突き、蹴りが空手の基本動作です。基本(単純)動作を体得しながら、
徐々に力の強弱・技の緩急、呼吸法、重心や軸を意識した動きを身に
つけていきます。単純動作である基本を誤った形で覚えてしまうと悪い癖に
なり、なかなか修正がきかなくなります。 最初のうちに正しい動作を習得する
ことを心がけてください。

〇移動基本
運足(移動、足運び)が大切です。空手独特の姿勢(立ち方)で移動しながら、
基本稽古で身につけた動き(技)を繰り出していきます。全身の動きと姿勢を
常に正常に保つためには、意識して体幹を鍛え、下半身の安定度を高める
ことが大切です。

〇ミット打ち
サンドバッグやミットに対して突き・蹴りを繰り出す稽古ですが、力まかせに突く・
蹴るのでなく、いかに体をうまく使って、効果的な打撃を対象物(サンドバッグ・
ミット)にいち早く伝えるかが課題です。

〇形(かた)
形(かた)とは・・仮想の相手に対し、「攻防の手順を表現する」演武。分解組手
を通して、型は多種の技の修得のための教典として最適です。形のデパートと
言われる当山吹道場の藤谷師範のレパートリは30有余におよびます。

〇組手
実戦組手の模擬攻撃パターンを交互に繰り返し軽く当てて試す約束組手から、
次に一本組手で勘を養います。そして仕上げは徐々に”柔らかい組手”と称する、お互い4〜5割の力で寸止め実戦組手を行います。

〇筋トレ&ストレッチ
運動能力の向上(身体機能アップ)・ケガの防止のために、インナーマッスルを
鍛え柔軟な体をつくることは全ての運動における基本です。稽古中の筋トレ、
稽古後のストレッチが重要です。とくにストレッチは稽古時以外にも日ごろから
継続することをお勧めします

平成20年8月 山吹道場 館長

2009年写真集
2010年写真集
2011年写真集
2013年写真集
2014年写真集
2015年写真集
2016年写真集
2017年写真集